【WordPress】プラグイン「PS Auto Sitemap」を使って簡単にHTML形式のサイトマップを作成

プラグイン
餃子
餃子

こんにちは、餃子です。

今回は、HTML形式のサイトマップを作成してみました。

作成すると言っても実際にはHTMLを自分で書いたりすることはなく、

プラグインを使うことで簡単に作成することができました!

かなり便利だったので紹介したいと思います!

 

この記事に書いてあること、

・そもそもサイトマップについて

・「PS Auto Sitemap」とは

・「PS Auto Sitemap」インストールから設定・使い方

 

そもそもHTML形式のサイトマップって?

HTML形式のサイトマップはサイトに訪れた訪問者のユーザー体験の向上の役割を担っています。

簡単に言うとサイト内のコンテンツをわかりやすくまとめたリスト形式のようなものです。

これをサイトに設置することでサイトを訪れたユーザーが目的のコンテンツを見つけやすくなったり、
関連の記事を見つけやすくなるためユーザーのサイト回遊率がアップし、サイトの滞在時間の向上に繋がります。

また、サイトの滞在時間が長くなると検索エンジンからのサイトの評価も向上するためSEO対策にも繋がることになります。

 

XML形式のサイトマップとの違い

XML形式のサイトマップは、検索エンジンに向けたサイトマップです。

検索エンジンに対してサイトの構造を伝え、サイトの更新を伝える役割があります。

サイトの構造を正しく検索エンジンに伝えることで、検索エンジンのクローラーがスムーズにサイトを巡回することができ、サイトの更新や構造を素早く正確に検索エンジンにインデックスしてもらうことができます。
こちらもHTML形式のサイトマップ同様にSEO的な観点からも重要になってきます。

上記のことを簡単にまとめると、

・HTML形式のサイトマップ
サイトを訪れてくれた人のためのサイトマップ(ユーザーに向けて)
SEOには間接的に関わってくる。(ユーザーのサイト滞在時間の向上など)
・XML形式のサイトマップ
検索エンジンに向けたサイトマップ。
SEOには直接的に関わってくる。
以上のことからサイトマップの設置はHTML形式・XML形式ともに大切になってきます。
そこで今回はプラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってHTML形式のサイトマップを作成していきます。
HTML形式のサイトマップの詳しい作り方はこちらの記事で紹介しています。

サイトマップ作成プラグイン「PS Auto Sitemap」とは

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」は、HTML形式のサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。

「PS Auto Sitemap」は、サイト上の記事を一覧形式でわかりやすくまとめてくれ、ページを訪れたユーザーが目的の情報を探しやすくなります。

通常サイトマップはHTMLを用いて自身で設定する必要がありますが、
プラグイン「PS Auto Sitemap」を使うことで自動で作成することができます。
また、記事の更新時には自動でサイトマップの更新も行ってくれるためとても便利なプラグインとなっています。

 

実際にプラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成

それではプラグイン「PS Auto Sitemap」を使って実際にサイトマップを作成していきましょう!

簡単に手順をまとめると、

  1. PS Auto Sitemap をインストール・有効化
  2. PS Auto Sitemap の設定
  3. 実際に PS Auto Sitemap を使ってサイトマップを作る
  4. 固定ページにショートコードを貼り付ける

ざっとこんな感じです!

筆者のサイトのサイトマップもプラグイン「PS Auto Sitemap」を使用して作成しています!
作成といっても特に何もしていないってくらい簡単です。笑

それでは詳しい手順を見ていきましょう!

 

まずは PS Auto Sitemap をインストールして有効化

ここからは実際にWordPressを使って設定していきます。

まずはWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールしましょう!

インストール・有効化
  • STEP 1
    インストール

    メニューから プラグイン > 新規追加
    右上の検索ボックスで「Contact Form 7」を検索して [今すぐインストール] をクリック。

  • STEP 2
    有効化

    インストールが終わるとボタンの表示が [有効化] に変わるので、そのままクリックして有効化します。

PS Auto Sitemap の設定

続いて、プラグイン「PS Auto Sitemap」の設定に移っていきましょう。

PS Auto Sitemapの設定
  • STEP 1
    設定画面を開く

    メニューから [設定] > [PS Auto Sitemap] で「PS Auto Sitemap」の設定画面を開きます。
  • STEP 2
    PS Auto Sitemapの設定

    上記が「PS Auto Sitemap」の設定画面になります。
    ちなみに筆者の設定は上記画像の通りです。

    上から順に説明していくと、

    ホームページの出力
    サイトマップにホームページの名前を表示するかの設定です。
    筆者は特に必要ないのでチェックを外しています。

    投稿リストの出力
    サイトマップに投稿を表示するかの設定です。
    これを表示しないとサイトっマップの意味がないので必ずチェックをしましょう。

    固定ページリストの出力
    サイトマップに固定ページを表示するかの設定です。

    サイトマップを表示する記事
    サイトマップを表示する記事のIDを入力します。
    こちらは後ほど設定していきます。

    出力階層制限
    こちらは特になにもない限り [無制限] を選択します。

    先に出力するリスト
    投稿と固定ページのどちらを先にサイトマップに表示するかの設定です。
    こちらは好みで大丈夫です。

    カテゴリーと投稿の表示
    こちらも好みですがおすすめは [同一マップ内] です。

    除外カテゴリ
    サイトマップに表示させたくないカテゴリがあればここで設定します。
    表示させたくないカテゴリのIDをここに入力します。

    除外記事
    サイトマップに表示させたくない記事があればここで設定します。
    表示させたくない記事のIDをここに入力します。

    スタイルの変更
    いくつかのテンプレートが用意されています。
    自分のサイトに合ったスタイルを選びましょう。

    キャッシュの使用
    キャッシュを使用するかの設定です。
    「PS Auto Sitemap」の他にキュッシュを使用するプラグインを使用している場合には競合してしまいますのでチェックを外しておきましょう。

    以上で「PS Auto Sitemapの設定」は終わりになります。

    設定が完了したら、必ず [変更を保存] を忘れずにクリックするようにしましょう。
    これを忘れるとせっかく設定した項目が保存されません。

    変更を保存したら下に表示される、HTMLコードをクリップボードに保存しておきましょう。

    続いて「PS Auto Sitemap」で作成したサイトマップを表示する投稿を設定していきましょう。

サイトマップを表示するページの設定

最後に「PS Auto Sitemap」で作成したサイトマップを表示するページを作成していきましょう。

サイトマップページの設定
  • STEP 1
    固定ページの新規作成

    メニューから 固定ページ > 新規作成 で新規固定ページの編集画面を開きます。
  • STEP 2
    新規固定ページの編集

    タイトル欄には任意のタイトルを入力しましょう。
    (「サイトマップ」など)
    本文には先程クリップボードのコピーしたHTMLコードをペーストします。

    これでサイトマップを表示する固定ページの設定は完了です。

    最後に、今作成した固定ページのIDをコピーして、
    PS Auto Sitemap の設定ページの [サイトマップの表示記事] のところに固定ページのIDをペーストして、[変更を保存] します。

以上でWordPressサイト上にプラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを設置することができました!

ちなみにこちらが「PS Auto Sitemap」を使用した当サイトのサイトマップになります。

 

まとめ 〜「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成〜

今回はWordPressサイトにHTML形式のサイトマップをプラグイン「PS Auto Sitemap」を使って作成する方法を紹介しました。

サイトマップはユーザー体験の向上を期待でき、SEO対策にもつながる大事な物となってきます。
ぜひ皆さんもサイトマップの設置をしてみてください!

  • サイトマップにはHTML形式とXML形式の2種類がある。
  • HTML形式のサイトマップはSEO的にも大事!
  • 「PS Auto Sitemap」を使えば簡単にHTML形式のサイトマップを作成することができる。

こちらの記事でXML形式のサイトマップの作成についても詳しく書いています。

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました